• 飲食店へのポス導入の必要性

    飲食店の中でも、比較的お客さんの収容規模が大きなお店では、ポスを導入しているところが少なくありません。ポスとは、ポイントオブセールスの略語ですが、いつ、何人のお客様が、どのような構成(大人・子供別)で来店し、何を注文し、トータルでどれだけの支払いをしたかを集約する機能を有しています。

    goo ニュースの特徴を紹介するサイトです。

    したがって、飲食店にとっては、これらデータを基にして、仕入れ量・DM送付・配置するスタッフの数などの計画を立てやすくすることができます。


    また、ポスの導入により、売れ筋商品や人気のない商品、期間限定メニュー等に対する評価などを把握することが可能なため、さまざまな角度から経営状態を良い方向に導くことが可能となります。

    飲食店の数自体が多く、それぞれに特色ある経営を行っているため、お客さんの動向を瞬時に把握しておかなければ、他店にお客さんを奪われ、死活問題にもなりかねません。


    ポスは、データで分析することを基本としているため、すべてが数値となって表れてきます。



    そのため、必要な時に、必要なスタッフを準備し、必要な具材を仕入れることが実現できます。換言するならば、ムリ・ムラ・ムダを徹底的に省き、コスト低減と営業戦略を構築する上での強力な武器と成り得るのです。

    また、ポスとあわせてお客様アンケートを実施することで、ダイレクトに顧客ニーズを把握することが可能となりますから、両者をあわせて活用している飲食店も多く見受けられます。


    飲食店といえども、単に美味しい料理を提供していればよいというものではなく、小さな子供連れのお客さんは、子どもが喜ぶおもちゃを用意してほしいのか、高齢者の方はこういった料理を望んでいるのか、そして来店されるのは〇〇時頃が多いんだということを判別していくことが大切です。



    総じて、データで経営を進める時代に突入したと考えられます。